2011年01月24日

第3話 ライフルに怯える毎日

「やばい所に来てしまった!」

 だが、後悔しても、もう遅い。私は、警察の群れをかき分けて、ホテルのフロントを目指して突き進んだ。ホテルの中は、強盗が入った割には、冷静な状態だった――こんな事は、特に珍しいことではないのだろうか。

「バチバチバチ……ガーガーガー…」

 フロントで手続きをするカディールとホテル職員の間で交わされる言葉。初めて聞くウルデュー語の会話だった。別に喧嘩をしているわけではないが、どうしても雑音が多いように感じてしまう。

 手続きが終了をすると、一人のボーイが近づいてきた。彼は、私の鞄を持つと――と言っても、柔道着が入っているだけの紙袋だが……「こちらにどうぞ」というような英語で、私を誘導した。

 エレベーターのボタンを押すボーイ。一階に到着をしたエレベーターに乗り込むと、

「ゴゴゴゴゴ―――――」

 日本では聞いたことのない音がするではないか!

(本当に大丈夫かよ?)

 不安は増すばかりだった。 部屋に到着をすると、ボーイが話しかけてきた。

「あなたのお世話をする・・・です」

 多分、そんな英語だと思う

(こういう時は、チップでもやらないといけないな)

 海外に行けば、常にチップが伴うと勘違いしている私は、財布の中から1〇〇ルピーを取り出した。その1〇〇ルピーを見た彼は

「……………」

 目が点になっているではないか。日本円に換算すれば約200円。少ないと思いながらも彼に差し出した瞬間

「命以外のすべてを尽くします」……みたいな英語を…

「なんで?」

 その後、彼の話を聞くことになった。パキスタンでは、医師の月給は約二万円。弁護士の月給も約二万円らしい。そして、彼の給料は……1〇〇ルピー。つまり、日本円にして約二〇〇円ということだ。

  これが基本給。後は、チップや洗濯のサービスなどで賄っているということだった。目の前に一ヶ月の給料を差し出した俺は、神様に見えたのか? だがその後、町で買い物をすると、この国の物価が恐ろしく低いということを経験することになった。

 2ルピー(約四円)程度で食べることの出来る屋台。質の良いジュースやお菓子を買っても5ルピー(十円)程度。 そう考えると、1〇〇ルピーとは、かなりの大金となる。ボーイが仰天するわけを、この国で暮らすにつれて、しだいに経験をすることとなった。

さて、どうしたものか。パキスタンに来たのはいいが、何もわからない。ホテルの窓から外を見ると、乾燥地帯の割には緑が多い。道路には車が渋滞し、馬車まで走っていた。

「とりあえず、出かけてみるか!」

 私は、勇気を出してホテルから出かけてみることにした。気温は三五度はあるだろうか?今は十一月。日本の夏より暑い…。

「ジュースが飲みたい!」

 出かけたのはいいが、この暑さに負け、早速ホテル近くの商店に入ることとなった。だが………。

「なんで?」

 私はただ、ジュースが飲みたい。そして、ジュースを買うために、目の前の店に入っていこうとしているだけなのに――目の前には、ライフルを持ったガードマンが立っていた。

「俺、ジュースが飲みたいだけなんだけど!」

 記憶する限り、ライフルを間ぢかに見た経験はない。たかがジュースを買いに行くだけなのに、なんで、ライフルの前を横切らなくてはならないのだ?

 ナショナルチームに柔道を指導に来たとはいえ、ライフルに直面するとはっきり言って怖い。物凄く怖い。

 だが、それは序曲に過ぎなかった。レストランに行っても、ジュースを買いに行っても、郵便局に行ってもライフルの前を横切らなくてはならなかった。とにかく、町中のあらゆる所でライフルを見かけ、銀行はライフルの要塞と化していた。

 交番のような警察の駐屯所ではライフルの銃口がこちらを向き、その前を通ると生きた心地がしない。

「日本は平和だな………」

と、思う反面

「絶対に生きて帰りたい!」

 まだ始まった指導の旅。コーチ業のことよりも、我が生命の危機を感じる日々が始まってしまった。

abc123da at 15:16コメント(2)トラックバック(0) 
第3話 ライフルに怯える毎日 

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by なまはげ   2011年02月17日 10:26
文化の違いがありすぎです

ライフルの威圧を受けながら生活する...

生きた心地がしなかったのではないでしょうか
2. Posted by スイナ   2013年07月09日 12:50
ラホールの高級ホテルときたらパールコンチネンタルでしょうか?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
高尾淳 連載コラム

ogawagaiden2
最強の嫌われ者
~暴走王・小川直也外伝~
高尾淳著書 発売中!
panic
「パニックマン」
ある体育教師の
パニック障害克服記

3dome
ジャンボ鶴田「三度目の夢」
総読者数



記事検索