2011年02月09日

第14話 神のいたずら?

  パキスタンに来て一ヶ月がたった。今日は、住み慣れたラホールのシャリマホテルを離れて、首都イスラマバードに二泊三日の出張。内容は、パキスタン駐在大使や大使館関係のお偉いさん、パキスタン政府のお偉いさんを招いて、俺と生徒でデモンストレーションをやるというのだ。つまり、柔道の普及活動の一つ。

  バッグに衣類その他をつめて、ホテルのロビーで生徒を待っていたときのこと………。

 「おい、タクシーいるか?」

 (え……、おい、タクシーいるか?)

 「多分いるよ。さあ、行くか」

 (え……もしかして、日本語?)

  私は、状況がつかめないままに、声のする方向を見た。そして、そこには……アジア人の男性が二人…

 (もしかして……日本人か?)

  二人の男性は、出入り口を目指して、私に背中を向けていた。

 (あれは……絶対に!日本語だったよな!)

  俺は走った。二人の背中を目指して走った。もしかしたら、聞き間違いなのかもしれない。正しい日本語を……正真正銘の日本人を、もう一ヶ月も見ていない。

  数百万人もいるラホール市民の中で、聞くところによると、日本人は十人しか滞在していないと、出発前に聞いていた。町中を走り回っても、絶対に会えないと思っていた日本人が……いや、もしかしたら、願望からくる妄想かも知れないが、俺はダメ元で二人の背中を追った。

  そして………「日本人ですか!」と、叫んだ。その二人は……私のほうに振り返り、

 「あれ??珍しいね!」

    と、明らかに正しい日本語を使うではないか!

 (生きていて、良かった!)

    これほど日本人であったことを、うれしく思ったことはなかった。

 「すいません……なんで、ここにいるんですか?」

 「仕事だよ。もう二ヶ月もこのホテルにいるよ」

 「え……?二ヶ月も? もしかして、このホテルに?」

 「ああ……二ヶ月前から泊まっているよ」

    なんということだ!一ヶ月前に来た、私より先に、このホテルに日本人がいたとは!なんで、なんで出会わなかったんだ!

 「日本のどこから来たんですか?」

 「知っているかな?茨城県の取手という所なんだけど」

 「え!取手ですか! 俺は…俺は……」

   涙が出そうになった。まさか、同じホテルに日本人が住んでいたことに、ビックリするだけではなく、同県人とは……。それも、同じ県南地方の取手とは……。

    常磐線の、荒川沖駅(私の最寄り駅)から、わずか二十分……四つ目(当時はひたちの牛久駅が無かった)の駅。俺は心の中で叫んだ。

 (神様は、俺を見捨てなかった!)

   パキスタンで日本人一人。寂しい日本人を、見捨てなかった。それに、同県人とは……。

   出会いは遅かったものの、神様は、最高のプレゼントをくれたのだった。俺は心の中で叫んだ!

 (アイ・ラブ・イバラキケン!!!)

    だが、神様は………単なるいたずらだったのか?

    続く……

次回、第15話は2月16日(水)更新となります。

abc123da at 20:47コメント(3)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by ayabiesayaka   2011年02月11日 21:13
5 お、おもしろいですね!
2. Posted by 吉村道日明   2011年02月11日 22:41
うわ~
ついに日本人が…良かったですね~
でも、また何か不吉な予感がします
3. Posted by なまはげ   2011年02月18日 11:26
日本人との奇跡的遭遇!

何が展開されるんだ?

見ている方も

疑心暗鬼にとらわれてしまいます(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
高尾淳 連載コラム

ogawagaiden2
最強の嫌われ者
~暴走王・小川直也外伝~
高尾淳著書 発売中!
panic
「パニックマン」
ある体育教師の
パニック障害克服記

3dome
ジャンボ鶴田「三度目の夢」
総読者数



記事検索