2011年02月16日

第15話 神のいたずら?(2)

 「僕は、つくば市です」

 「え……つくばのどこ?谷田部?桜?」

 「今は、旧豊里町です」

 「豊里か?何年か前に仕事に行ったよ」

  まさか…まさか、パキスタンのラホールで、旧豊里町の名前が出てくるとは……。

 「何だっけな?? 研究所の沢山あるところ」

「研究所は沢山ありますが」

 「何だっけな?とう…とう…。たしか、最初に東って書くんだ」

 「まさか……まさか、東光台ですか?」

 「そうだ、確か……東光台だったかな…」

 「………僕、そこに住んでいます!」

  まさかの、まさかだった!パキスタンで、豊里町東光台の名前が……。

 (神様はいるんだ!)

  仏教の俺が、初めて感じた神様は、海外での経験だった。

 「ところで、何でパキスタンに……」

 「仕事だよ。俺ら、とび職なんだけど、高層ビルを建てるのに、この国の技術では無理だから、簡単に言うと、技術指導だよ」

 「そうなんですか?」

 「あなたは何で、このホテルにいるの?」

 「あ…僕は、柔道を教えに来ています。今度、アジア大会があってそのための臨時コーチとして来ているんですよ」

 「へー俺らと違ってかっこいいね。でも、何で今まで同じホテルにいて、合わなかったんだろうな?」

 「毎朝、何時に仕事に行っていますか?」

 「ホテルを七時には出るよ。帰りは六時くらいかな」

 「それですよ、それ!俺は、朝は十時から練習なので遅いし、午後は、生徒と晩飯を食べたりして帰ると、八時くらいになってしまいますから、タイミングが外れているんですよ」

 「でも、今まで会わなかったっていうのが不思議だよな?」

 「そうですよね。でも、すごくうれしいですよ。これからは、同じホテルに日本人がいるんですから」

 「え……俺たち、明後日帰国するよ」

 「はぁ??…………」

 「残念だな……せっかく同県人に会えたのに。じゃあ、今晩飯でも食いに行く?」

  神様の、いたずらか?一ヶ月ぶりに日本人に会い、正しい日本語を使える環境が出来たと思いきや、明後日帰国!

 「すいません…僕、今からイスラマバードへ行きます!」

 「え?いつ帰ってくるの?」

 「明後日です!」

 「じゃあ、入れ違いか!」

  交互に話す二人のおじさん。せっかく日本人に会えたのに!せっかく同じホテルに一ヶ月もいたのに!たいして大きくもないホテルなのに!すれ違うことさえなかった。

  やっと出会ったかと思うと、今が出会いと別れの時………わずか十分の出会い!

 「神様、ありがとう!」

  いたずらなのか?それとも奇跡なのか?会わないでいれば、後悔することは無かったのに!それでも俺たちを合わせた理由は何なのか?奇跡でもなく、いたずらでもなく……

 「単なる意地悪だろ!」

 パキスタンのラホールで、浄土真宗の信者は、空を向きながら、親鸞様に……叫んでいた!

 「勘弁してくれよ」と……。

※次回、第16話は2月23日(水)更新となります。

abc123da at 20:38コメント(1)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by なまはげ   2011年02月18日 11:30
そういう展開。。。

まさに『神様の悪戯』

パキスタンの空に

『親鸞様ぁ~』って叫んでいるその姿を想像してしまいました(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
高尾淳 連載コラム

ogawagaiden2
最強の嫌われ者
~暴走王・小川直也外伝~
高尾淳著書 発売中!
panic
「パニックマン」
ある体育教師の
パニック障害克服記

3dome
ジャンボ鶴田「三度目の夢」
総読者数



記事検索