2011年02月23日

第16話 柔道VSタクシー!

  せっかく会った日本人二人とは、10分で別れた。俺達ナショナルチームは、タクシーでラホール駅へと向かった。ザワザワとする駅構内。ものすごい人であふれかえっていた。広い国土ではあるが(地図を見てくれ)、飛行機に乗れるような富裕層は少ない。遠出をするときは、汽車(電車ではない)が主たるようだ。

  そして、汽車に乗り込むが、選手は俺達指導陣とは別な車両に向かって行った。

 「なぜ?」

  どうも、指導陣は一等席。選手は二等席のようだ。だいたい、鉄道で二等席とか一等席など、日本では経験をしたことがなかった。
  一等車とは、日本でいうグリーン車か?と、思うが、三等車まであった。この国では、貧富の差が座席にまで位置づけられていた。もっと金持ちは、飛行機での移動だ。

  さて、この一等車。日本と比べて別段豪華なわけでもない。ある程度こぎれいな車両に、なぜか引き出し式のテーブルがついている。

 「なぜ?」

  外を見ると、パキスタンの田園風景が広がったかと思うと、延々と砂漠が続く風景もある。記憶では…不正確だが、四時間か五時間も乗っていたと思う。ぼ――と、外を眺めていると、ある事に気がついた。日本では考えられないほど、汽車のスピードが遅い。もしかして、40㎞か50㎞程度か?スピードスケートの選手なら勝ってしまいそうな速度に感じていた。

  隣のカディールに、

 「日本では、200㎞以上で走るトレインがあるんだ」

   と、言ったところ、なぜか鼻で笑っていた。もしかして、信用していないのか。だが、このあと、もっと衝撃的な事実が訪れた。それは…なぜか、飛行機の機内食のように、男性の車掌のような人が、食事を配りだしたではないか。

 (え…なんで、汽車の中で、機内食?)

   出されたのは、マトンのカレーにチャパティー。マトンは最も高級料理だから、さすがは一等車。だが、俺はこの手の料理には飽き飽きというか、拒絶反応さえ覚えるようになっていた。たまに食べたら、変わった嗜好で面白いかもしれないが、何度食べただろう!この手の料理を。隣のカディールは、モクモクと食べていた。俺は半分以上残し、ずっと外を見るだけの退屈な時間を過ごしていると、汽車は、目的地のラワールピンディーに到着をした。

  イスラマバードに行くのに、なぜかここで降りるという。まあ、言うなりに動くしかない身は、周囲の流れに任せた。そして、汽車から降りようと…………。

 「なんだ!!これは!」

   俺の目の前には、日本では見たことのない光景が広がっていた!さて、汽車を降りることになった。カディールやジャンギルは、俺の前をすたすたと歩いている。 

 (さて、降りるか)

  何気なく、汽車からホームに降りようと、降りようとしたのだが………。

 「あれ?……ホームは?」

   なんと……駅のホームが見えない!それに、ホームどころか、駅が見えない!俺の目に見えていたのは、ざわざわとする郡衆。汽車から降りる人、それを迎えに来ている人、降りる人を対象に、ものを売る人、タクシーの運転手や、荷物を運ぶポーターなど。

 「いったいどうなっているんだ?」

  そして、俺の前にいた指導人は……順番にジャンプをしだした。「トー」と、仮面ライダーのようには叫ばないが、明らかに汽車から飛び降りている。恐るべきラワールピンディー!そこは、駅ではなかった。要するに、駅ではない、普通の広場に、乗客たちは、自由気ままに降りていた。多分、乗る人はいなかったように思う。

  そもそも、全国の鉄道に駅があるのは日本だけか?もしかしたら、外国に行くと、駅がないなんて、普通のことか?いまだに調べてはいないが、高度経済成長期に思春期を向かえ、バブルの中で青春を生きてきた俺にとっては、かなり衝撃的な事実だった。

  さあ、動揺してもしょうがない。俺らは、何台かのタクシーに便乗して、デモンストレーション会場へと向かっていった。だが、タクシーに乗車をすると、俺はある事実に気がついた。それは………タクシーに料金メーターがないということ…。

   パキスタンに来た当事、周りの人たちによく言われていた。「メーターのないタクシーには乗るな」と。だから、いつもメーターを確かめてから乗っていた。二週間もすると、いつもホテルの前にいるタクシーのおじさんが、専属のように待っていてくれるようになっていた。ただ、便利なのはいいが、後部座席のドアがないのには閉口した。でも、パキスタンではそんなことは当たり前。別にビックリするようなことではない。

  さて、メーターのないタクシーに乗り込んだ俺と、カディールにジャンギル。俺はドキドキしていた。恐怖ではない。明らかにボッタクリタクシーと思われる運転手と、パキスタン柔道ナショナルチームの指導人。両者はこの後、どんなハプニングを起こしてくれのか? 絶対に、タダではすまないと予想が出来た。

   だが、明らかにメーターがないのに、この二人は何も言わなかった。さて、どうなるのか?どうするのか?この国に一ヶ月もいると、アクシデントを楽しめるまでになっていた。しかし、やはり素直に事が終ることはなかった……。

※次回、第17話は3月2日(水)更新となります。ご期待下さい。

abc123da at 02:24コメント(2)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by なまはげ   2011年02月24日 09:51
なるほど。。。

どこでも降りられるように

ゆっくりとしたスピードで汽車は走っていたんですね(笑)



それにしても

メーターのないタクシー

どんな展開が待ち受けているのか。。。

ドキドキしますね!
2. Posted by malihas   2011年02月27日 07:46
恐るべきラーワルピンディに住んでいる私です(笑)
ついにラーワルピンディ登場ですねー
私は汽車は未体験です
機内食、興味津々です~

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
高尾淳 連載コラム

ogawagaiden2
最強の嫌われ者
~暴走王・小川直也外伝~
高尾淳著書 発売中!
panic
「パニックマン」
ある体育教師の
パニック障害克服記

3dome
ジャンボ鶴田「三度目の夢」
総読者数



記事検索