2011年03月09日

第18話 禁断の演技

  そして、デモンストレーション会場に到着。先ほどの運転手のことなど、もう頭にはなかった。

  会場に到着をすると、本日の実技内容がカディールから伝えられた。だが、その内容に、俺は先ほどのタクシー以上に衝撃を受けることになった。その内容とは……日本では考えられない、今までに、やったこともない注文だった!

   到着をしたのは、とあるホールだった。客席約500席。ステージには、なぜか畳が。何の説明も受けないままに、ここまで来てしまったが、体育館が武道場でおこなうかと思いきや、ステージとは…。俺たちは、カーテンで閉ざされたステージ上の畳の上に立つと、カディールから指示が出され始めた。

 「センセイ・ナゲノカタヲ・オネガイシマス」

   投げの形。柔道では最も簡単な形を言われると、

 (簡単だけど、見ている人は、面白くないな)

  と、観客側にたって考えるほどの余裕を見せていた。だが、カディールの口から次に出てきた言葉は!

 「センセイ・ゴニント・タタカッテクダサイ」

 「はあ?誤認?」

 「ハイ・ゴニンデス」

   誤認ではなく、五人だった。まあ、やれと言われればやる気力も体力もある。次から次へとかかってくる相手を、次から次へと投げ飛ばす。確かに、素人受けしそうな内容だった。でも、どういう展開で、五人を投げ飛ばすのか?一応、カディールにはリハーサルをしようと言うと、「ハイ」の返事が。カディールは、選手を呼んで、なにやら打ちあわせを……。そして、リハーサル開始。

 「センセイ・オネガイシマス」

  意思疎通の困難な状況で、簡単な日本語と、簡単な英語でしかコミュニケーションをとることが出来ない両者は、とにかく、実際に試技することが、最も分かり合える手段だった。

 「gayjmsyoinainx」

   カディールのウルドゥー語に、選手はいっせいに動き出した。

 「はあ?こら!お前ら!何やってんだ!」

   なんと、選手5人は、俺をめがけて一度に組み付いてきた!

 「こら!なにすんだ!」

  俺の叫び声に、選手たちは一瞬ひるんで、攻撃をやめた!

 「カディール!!なんだ?これ!!!」

  俺は叫んだ。数少ないパキスタンでの理解者を相手に、身の危険を感じながら叫んだ!

 「ハイ・ゴニン・タタカイマス」

 「あのね!五人と戦うのはいいけど、いっぺんに来られると、投げることが出来ないだろう!」

 「パキスタンハ・ダイジョウブデス」

 「はあ??日本ではそんなこと、ありえないの!」

 「パキスタン・デモンストレーション・ダイジョウブ!キックモ・パンチモ・ダイジョウブ」

  文化の違いとは、時にはものすごい疲労を感じることがある。郷に入れば郷に従え……などという言葉もあるが、従えないものは従えない。従った瞬間に、柔道家のアイデンティティーを、失うかもしれない……いや、失うだろう。

 「俺には出来ないよ!」

 「ダイジョウブ・パキスタンハ・ダイジョウブ」

 「あのね、俺は、一度に掛かってくるやつを倒す、技術は、もってないから!」

 「ワタシガ・オシエマス」

  何かがおかしい。日本から技術指導に来ているのに、その国の監督から技術指導を受ける。それも、デモンストレーションという、本来ありえない場での技術指導。

 「イチバン・ライトパンチ」

 「ニバン・セオイナゲ」

 「サンバン・トモエナゲ」

 「ヨンバン・マワシゲリ」

 「ゴバン・ウチマタ」

   俺は、呆然とするしかなかった。

※次回、第19話は3月16日(水)更新となります。

abc123da at 23:42コメント(1)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by malihas   2011年03月10日 01:44
誤認(笑)
だったら良かったですね~
続きが楽しみです

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
高尾淳 連載コラム

ogawagaiden2
最強の嫌われ者
~暴走王・小川直也外伝~
高尾淳著書 発売中!
panic
「パニックマン」
ある体育教師の
パニック障害克服記

3dome
ジャンボ鶴田「三度目の夢」
総読者数



記事検索