2011年07月27日

第36話 パキスタン・大丈夫です?

 みんなが困っていた。パキスタンチームから支払いを拒否されているホテル。その料金を払えと言われて困る俺。その中間で思案しているシャヒット。

「ワカリマシタ・タカオサンハ・ハラウヒツヨウナイデス」

「そうだよな!!」

「ハイ・ソウデス。ワタシガソレヲツタエマス」

「よし!さすがはシャヒット!!」

「ハイ・デハ・オネガイシマス」

シャヒットは俺の前に右手を出した。

「はあ?」

 こんな用件でも金を取るのか!!俺は腹立たしくなり、シャヒットをにらんだ。するとシャヒットは、

「ジョウダンデス・オカネハ・ダイジョウブデス」

 と、笑顔で答えていた。俺の迫力も、シャヒットに伝わるようになったなと、俺は満足な気分だった。だが、俺はシャヒットの掌の中で、踊らされているだけだった。

 さあ、それからのシャヒットはすごかった!

「てめえ!だれからお金を取ろうとしているんだ!!」

 とでも言っているような(あくまでも想像だが)、激しい口調でフロントを捲し上げていた。さすがは川口仕込み。怖気づいたフロントは、二度と俺に、お金を要求することはなかった。それにしても……帰りの飛行機チケットの予約不備。ホテル宿泊代金及び食事代金の未払い。いったい、どうなっているんだ。俺はシャヒットを連れて、ドアのないタクシーに乗り込み、カディールの元へと急いだ。

 そして、自宅兼道場に到着をすると、玄関のドアを鳴らし、カディールを呼んだ。カディールは玄関から出てきた。

「どうなってるの?ホテルのお金を払えと言われたよ!!」

「エ…ダレデスカ?」

「フロントに言われたよ!」

「ダイジョウブデス!・ノー・プロブレムデス」

「はあ? でも、困っていたよ!」

「パキスタン・ダイジョウブデス」

「なにが???」

 カディールは、先ほどから不機嫌だった。その原因は、シャヒットの存在。俺がいつも従えているシャヒットを、カディールは好きでなかった。その原因の一つは、シャヒットが何者かわからないこと、そしてもう一つは、自分より日本語が上手なこと(笑)。とにかく、カディールはシャヒットの存在をうとましく思っていた。

「チケットモ・ダイジョウブデス」

「でも、予約が取れていないと言っていたよ!」

「ダレデスカ?」

「航空会社の人間が!」

「ダイジョウブデス・パキスタン・ダイジョウブデス!」

 いったい、何が大丈夫なのか?この国に来て、金に絡む事件ばかりだ!いや、パキスタンに在住した教え子に聞くと、そこまで金に絡んだ話を聞いたことはない。と言うことは、俺の環境がおかしいのか?だが、当時はそんな憶測をする余裕もなかった…

「タカオサン・イマカラ・イキマス」

「どこに?」

「ワタシノ・トモダチノ・トコロニ…」

「はあ?」

 カディールは、自分の車を駐車場から出すと、俺に乗るように言った。だが、シャヒットには、

「gujkkjhdy]

 激しい口調だった。多分、「お前は帰れ!!」の、ような内容…シャヒットは俺に「カエリマス」というと、一人でどこかへ消えていった。

※第37話は8月3日(水)更新予定となります。



abc123da at 22:44コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
高尾淳 連載コラム

ogawagaiden2
最強の嫌われ者
~暴走王・小川直也外伝~
高尾淳著書 発売中!
panic
「パニックマン」
ある体育教師の
パニック障害克服記

3dome
ジャンボ鶴田「三度目の夢」
総読者数



記事検索