2011年08月17日

第39話 初めてのおつかい

 その時だった…玄関のドアが開く音がしたのは。そして、ドアの向こうから出てきたのはキャプテンである、ジャンギルの家族。ジャンギルの家族は、小奇麗な格好をして、この店に入ってきた。

 その瞬間、七人の選手たちは「隠れろ!」と言わんばかりに、テーブルの下に身を隠した。何故か俺も、身を隠した……(なぜだ!?)。単なる反射に過ぎないのだが、ジャンギルは、俺たちからは見えない奥の個室に入っていた。

 どの国に行っても、先輩とか、キャプテンとか、先生とか…嫌いではなくても反射的に遠ざけてしまう存在はいるようだ。

 パキスタン紀行も、残すところわずかになった。最後の一週間、俺は選手と共に、買い物に出かけた。目指すは革ジャン。当時の日本では、スタジャンでも2万円くらいで、革ジャンになると、10万円近くしたのではないだろうか?今でこそ、ダウンジャケットとか、かっこいいジャケットが安価で買えるが、当時はユニクロなどの量販店がないため、上野アメ横で買っても、安くはなかった。

 俺は選手と共に革製品を売る店に行った。さすがにパキスタンでも、5万円は下らないだろうと店に入り、様々なジャケットが陳列されている中で、俺は黒のジャケットを選んだ。値札はついていない…

 「ハウマッチ?」と、聞くと、「エクスペンシブ!」と、言うではないか。さすがにパキスタンでも革のジャケットは……と、不安になっている瞬間、店主から伝えられた値段は……「2500ルピー!」と、胸を張って言うではないか。

 日本円で5000円程度だ。その瞬間、俺の感情は高ぶった!

「もっと見せろ!!」

 結局俺は、五着もの革ジャンを買ってしまった。辛いことは多々あったものの、俺は喜びに満ちていた。日本で買えば、数十万円もする買い物を、たった二万円程度で手に入れたことを。だが、この革ジャンが、最後の最後で、俺を苦しめることとなった……。


※次回、第40話は8月24日(水)更新予定となります。



abc123da at 23:16コメント(1)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by 吉村~改心しました~道日明   2011年08月25日 18:25
第40回
待ってます!!
革ジャンのその後が気になる。
まさか奴が・・・・?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
高尾淳 連載コラム

ogawagaiden2
最強の嫌われ者
~暴走王・小川直也外伝~
高尾淳著書 発売中!
panic
「パニックマン」
ある体育教師の
パニック障害克服記

3dome
ジャンボ鶴田「三度目の夢」
総読者数



記事検索