2011年09月08日

第41話 最後の夜の訪問者

 そして、稽古は終わった。長くて短かった50日。辛いことは多々あったものの、選手達と暮らしたこの50日は、死ぬまで忘れることは出来ないだろう。

 さあ、残すところ二日。もう、何も勤めは無かった。俺の頭にあるのは…寿司?ビール?焼肉に?シャブシャブ?そして、妻?明日は何もやることが無い。帰国の準備以外は…訪れてくる者もいない。

 ゆったりとした気持ちでいた俺に、最後の勝負が待ち構えていた。帰国前日…この国で、最後で最大の衝撃が!

 俺は帰国を前に、この50日で乱れた身だしなみを整えに、床屋へと向かった。ホテルのすぐ近くに床屋があることは確認をしていた。

 ボサボサに伸びきった髪の毛。無精に伸びたヒゲ。この旅との決別を、床屋でするつもりだった。日本と似たような内装。大きな鏡の前には、椅子がった。だが、日本のようにシートが倒れるようなものではなく、普通の椅子だった。

 床屋に入ると、従業員は一斉に俺を見つめた…いぶかしげに。俺は案内もされていないのに、目の前の椅子に座ると、「カット!」と、叫んだ。

 ここのボスとも見える貫禄のある職人が近付き、「オーケー・カット!」と言うと、何やら右手に不思議な道具を取った。その右手に握られていた道具は、ハサミのような握りをした、先端にバリカンのような形をした装置が付いていた。

「もしかして……」

 1960年代生まれの昭和の男でも、初めて目にした道具だった。

「これはもしかして?」

 そう。今ではもう見ることのできない、手動式のバリカンだったのだ!噂には聞いたことがあった……お爺さんやお婆さんから。

 そして店主はその手動式バリカンを俺の髪にあてた。

「ガリガリガリ…」

 日本の床屋では聴いたことのない、激しい音を立てて、髪は切られていった。そして、ある程度きり終わると、店主はバリカンに付いた髪の毛を取るために、俺の髪からバリカンを離した。その瞬間……。

「バリバリバリ!!ブチブチブチ!!」

「ウギャ!!!」

 俺は鏡のまで叫んでいた。手動式バリカンに挟まった髪の毛を、無理やり引き離そうとする店主。俺は、「痛いだろう!!」と、日本語で叫んでいた。だが、店主は……

「ノープロブレン…」

 俺は、「プロブレンだ!!」と、大声で叫んでいた。だが、店主のせいというよりは、バリカンの性能?その後も俺は叫びながら…店主はニコニコしながら、俺の髪を切り続けていた。

 散散なめにあいホテルに帰ると、ホテルの一階にあるレストランで、お世話になったボーイや、苦しめられたボーイや、無愛想なフロントを招いて、共に食事をした。

 色々あったが、根はいい奴ばかりだった。悪いのは、貧しさだった。食事が終わると、早く休むべく部屋に入った。荷造りは昨日で終わっていた。

「さあ、寝よう!」

 時刻は十時だったが、俺はベッドに入った。その時だった……

「ドンドン」

 ドアをノックする音が聞こえてきた。パキスタン最終日の夜十時に、俺を訪ねてくるものなど…俺はベッドから起き上がると、不審に思いながらもドアを開けた。そして、訪問者を確認すると、そこに立っていたのは……

つづく


※次回、第42話は9月14日(水)更新予定となります。



abc123da at 22:05コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
高尾淳 連載コラム

ogawagaiden2
最強の嫌われ者
~暴走王・小川直也外伝~
高尾淳著書 発売中!
panic
「パニックマン」
ある体育教師の
パニック障害克服記

3dome
ジャンボ鶴田「三度目の夢」
総読者数



記事検索