2011年09月14日

第42話 最後の夜の訪問者(2)

 ドアの向こうには、シャヒットが立っていた。

「どうした?」

 俺の問いかけに、

「オワカレニキマシタ」

 と、いつもとは雰囲気の違う様子だった。

「まあ、入れよ」

 俺はシャヒットを部屋に入れ、ソファーに腰掛けるように即した。

「タカオサン・アスハ・ニホンデスネ」

「ああ…シャヒットにも世話になったな」

「ハイ・タクサン・オセワヲシマシタ」

「…………」

 シャヒットの様子は、いつもと違っていた。普段は陽気に話すシャヒットを前にしているのに、その日は、何故か沈黙が続いていた。

 ホテルの窓から見える公園には、誰一人見えなかった。車道には、車の数も少なかった。そして、シャヒットは語りだした。

「タカオサン・ワタシハ・イマ・オカネニ・コマッテイマス」

「どうしたの?」

「ニホンカラカエッテ・パキスタンニハ・シゴトガアリマセン」

「……今まではどんな仕事をしていたの?」

「ニホンデタメタオカネデ・ジドウシャノオミセヲシテイマシタ」

「そうだったんだ」

「デモ・ナカナカ・タイヘンデス」

「で……」

「タカオサン・ワタシハ・コノイッカゲツ・トテモガンバリマシタ」

「そうだよ、世話になったよ、ちょっとごまかしもあったけど」

「…………」

 沈黙は続いていた。

「タカオサン・オネガイシマス」

「何を?」

「ドルヲ・クダサイ!」

「はあ?」

 ものすごい直球だった。ドルをください。最終日にして、「ドルをください」。最後の戦いは、始まろうとしていた。

「なんで?……」

 なんで、最終日の夜十時に訪れてきて、ドルを欲しいというんだ?

「タカオサン・ワタシ・タカオサンヲタスケマシタ!」

「だから、ありがとう!それに、いつも御礼をしていたよね!」

「デモ・コノニシュウカンハ・モラッテナイデス!」

 確かに…この二週間、シャヒットは謝礼を要求しなかった。必要経費もかなり減額をしてくれていた。これは、俺に対する彼の愛情だと思っていたのだが……

(そうか……最後にそう来たか!)

 ドルでまとめて要求する魂胆だったんだ!シャヒットの風貌(ふうぼう)は、いつもの様子ではなかった。いつもはニコヤカにしているのに、その日のシャヒットは明らかに獣の臭いがしていた……。

つづく…


※次回、第43話は9月21日(水)更新予定となります。



abc123da at 23:56コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
高尾淳 連載コラム

ogawagaiden2
最強の嫌われ者
~暴走王・小川直也外伝~
高尾淳著書 発売中!
panic
「パニックマン」
ある体育教師の
パニック障害克服記

3dome
ジャンボ鶴田「三度目の夢」
総読者数



記事検索